翌朝倦怠感が残っている方は、生活習慣を変えてみるのをお勧めします。

睡眠は健康と規則正しい生活リズムを保つために、大切になります。

睡眠時間に関しても、短すぎると寝不足になってしまい、頭と体が働きません。

ラクビは市販の販売店で購入可能?

反対に睡眠時間が長すぎると体に倦怠感が残ってしまうので、やはり本来の調子が出ません。短すぎず、長すぎず、六時間程度の睡眠が体にも丁度良い時間になります。

しかし、睡眠時間とは別の理由で眠れない事もあります。生活リズムの乱れから、起きている時間帯が昼夜逆転してしまい、夜になっても眠れない場合や体力が有り余っていて目を閉じても、眠れない場合です。なので、適度に運動することで生活のリズムを崩さず、毎日ぐっすり眠れると思います。

それは身近な動物の犬も同じです。犬は歩く事が好きなので、散歩に出掛けると分かった時には嬉しいという気持ちを体全体で表してくれます。散歩でたくさん歩く事は犬にとって健康にも良く、体を動かすので散歩から帰ってきたその日の夜は、気持ち良さそうに眠っていると思います。

散歩が終わって気持ち良さそうに眠っている犬の寝顔を見ていると、何か夢でも見ているのかも知れないと思えてきます。犬が見る夢の中では、どんな事が起きているのか気になりますが楽しい夢や嬉しい夢であって欲しいです。