紫外線対策に良い食べ物を紹介します。

紫外線対策として日々の食事を見直してみるのはいかがでしょう。http://jrenzella.com/

口から入るものを考えるだけで、家族全員が体の中から紫外線対策ができるのでおすすめです。

どこにでもある手近な食品で、少し意識をしておくと良い事をまとめてみました。

旬の果物や野菜にはビタミンA・C・Eといった抗酸化作用の高いビタミンが多く含まれます。スーパーでは、目に付くところに陳列してありますし、価格も安く提供されています。積極的に摂取しると紫外線対策として効果的です。

若い女性を中心に話題のトマトのリコピンは、植物が太陽から身を守るために活用する赤い野菜や果物に含まれるカロテノイド色素です。摂取することで日光に対する耐性を上げることができます。加熱調理する事でより吸収力が上がります。ホールトマトやトマトピューレなどでも同じ効果が期待できます。

人参には、βカロチンが多く含まれます。リコピンと同様に果物や野菜に含まれるオレンジ色素であるβカロチンも日焼け対策として効果的です。

こちらも加熱する事で吸収力が上がります。冷蔵庫には常備しておきたい野菜の一つですね。

鮭、サバ、イワシなどの青魚やナッツ類、特にクルミに多く含まれるオメガ3脂肪酸は日光から肌を守る効果があると言われています。

緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが多く含まれています。

またビタミンCも含まれていますので抗酸化作用が期待でき、お肌を紫外線から守ってくれます。

いかがでしょうか。紫外線対策のみならず、健康維持の観点から見ても積極的に摂取していきたいものです。

日ごろから意識した食事を心がける事で、常に影響を与える太陽の紫外線から、お肌を守る手助けをしてくれます。

紫外線は長期的スパンでお肌に影響を与えます。だからこそ長い目で見た時、食べ物をしっかりと考えておくことで肌への紫外線リスクを軽減する効果が期待できます。

日焼け止めクリームはプールに入ったり、汗をかいたりすれば流れ落ちてしまいますが食べ物からの紫外線対策は流れ落ちるような心配はありません。

日々の食べ物を少し意識するだけで紫外線によるリスクを下げることができます。

体は食べ物でできています。口にする物は何よりも大切に意識していきたいものですよね。

太陽の下に居る時には、日焼け止めクリームや、日傘、UV対策の衣服を身に着ける事もお忘れなく。