カキの健康効果と注意点

冬の日は、体が寒くて芯から冷えてきますね。

私が好きな冬の定番料理は、鍋料理です。旬の白菜や長ネギ、豆腐などいろいろな具材が鍋の中で賑わいをみせています。また、カキの土手鍋などもいいですね。

カキの魅力は、海のミルクと言われるように栄養が豊富に含まれています。プレミアムスリムスキニーレギンスの効果は?大根足OLの口コミ暴露!

他の貝類と同様にカキの中にもタウリンがより多く含まれており、血圧や血中コレステロールを下げる効果があり、高血圧や動脈硬化の予防などにも効果が期待できます。

カルシウムや銅、亜鉛などのミネラル類を多く含み、ビタミン類も豊富なので貧血予防にも良いでしょう。

ただし、カキの内臓には食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着している場合があります。これを充分に加熱しないで食べると、感染する危険があるので注意が必要です。冬はカキの活動が鈍るため、海水の排出力が落ちてカキの中にウイルスの粒子が残る可能性が高くなります。生で食べるのは食中毒になるおそれもありますので、火を必ず通してから食べましょう。

カキは鍋の具材や土手鍋料理のほかにも、カキフライやカキ飯にしても良いでしょう。

カキは造血作用のほかに肝臓強化や免疫力アップ、精神安定作用にも効果が期待できます。お酒を飲む機会が多く、風邪の引きやすい方にはカキは、最高のご馳走ですね。